養生幕・養生シート・現場用幕の用語集 - 優れた集客効果を発揮する"広告幕"

現場シート・建築シート工場

ターポリン素材を使用し、耐久性が抜群の養生イメージシートを作成いたします。

養生シート、現場シート、建築シートを専門にすることにより効率性、合理性をアップし、激安価格でコスト削減や制作時間を短縮することに成功しました。

お問合せはこちらからです。

トップ>養生シートの用語集

養生シートの用語集

現場シート・建築シート-用語集

ハトメ
現場シート・建築シート(養生シート)を他の幕や足場に留める為の仕立てのひとつです。穴を空け、ふちを輪の形状を した金属で補強します。ピッチ=間隔は30cmか45cm間隔でハトメをつけるのが基本のようですが、ご希望の ピッチで作成することも出来ますのでお問合せ下さい。ポリエステル系の生地には当て布が必要ですが、ターポリンの 場合、特になしでも大丈夫です。
溶着・ウェルダー仕上げ
ターポリンの生地の4辺の仕立てのひとつです。生地の辺を折り返し、熱で生地の表面を溶かすことにより、接着させる 頑丈な接着方法です。 現場シート・建築シート(養生シート)の辺の仕立てには、通常ミシンで縫製をするものと 「溶着」がありまして、弊社では基本的に縫製で価格表などを作成しておりますが、更に耐久性の高い現場シート・ 建築シート(養生シート) をお望みであれば、こちらの溶着でお見積もりさせて頂きます。ウェルダー仕上げとも呼ばれ ております。
ロープ縫い込み
文字通りロープを縫い込みます。4辺に細いロープを縫い込み耐久性を上げます。現場シート・建築シート(養生シート) の四辺を縫製か溶着にて仕立てた場合、更に強度が増すように、ロープを縫い込みます。ヒートカットのみの場合と綿の 場合はこのロープ縫い込みが出来ませんのでご注意下さい。
ターポリン
語源は「 tarpaulin」  直訳:防水布 から来ている言葉で、広い意味では訳そのままに防水布を指します。 狭い範囲では、ポリエステル等の生地に樹脂フィルムをコーティングしたものを指します。
ピッチ
ハトメを同間隔の巾で空けていく時の単位。30cm間隔でハトメを空けていく場合は30ピッチ。45cmの間隔で ハトメを空けていく場合は45ピッチとなります。
養生
もともとは人間の身体を整える事の意味として使われていた言葉ですが、それにちなんで、塗装工事での他に汚れが 不着しないようにする処置や、引っ越しなどで建物の壁などが傷つかないように保護すること、を養生と呼び。 その保護する役目を果たすマットなどを養生シートと呼ぶようになりました。 建築の現場のネットの部分や弊社で扱っている広告物のバナーも養生シートと呼ばれております。
4辺縫製
イメージや看板広告シートの4辺を縫製する事で、通常よりも強度や耐久性を上げる効果がある仕立て加工方法です。
フラッタリング現象
強い風を受ける事で、現場建築シートが風に異常にはためき、波打つ様に暴れまわる現象です。生地の損傷や破れなどが起こる可能性があるため、注意が必要です。元々はひらひら飛ぶと言う意味合いがあります。
CMYK
CMYKは、色の種類のことで、この色は加法混色(混ぜ合わせると黒色に近づいていく色)の場合に使用されます。印刷に利用されるインクも、もちろん加法混色になるので、CMYKの色での表現になります。
RGB
色表現の一つで、数多くの色が表現できるので、鮮やかで明るい印象のイラストやグラフィックを作る際に適していますが、印刷の場合にはCMYKの色で表現されますので、RGBのデータは使用できません。
ヒートカット
現場シートや建築シートを裁断する際に、仕立て補強の一つとして、裁断面を熱で溶かしながら接着させつつ、裁断する方法です。解れ防止にもなります。
PP結束ロープ
PP結束ロープとは、現場シートや建築シートを設置する際に使用する、ポリプロピレン製の丈夫なロープになります。主にハトメに通し使用しますが、ロープ縫込みの際にも使用されます。

お急ぎの方はこちら⇒0120-17-5151

Copyright (C) 2008 現場シート・建築シート・養生シート工場. All Rights Reserved.